--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/12/04

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ その1

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

奈良県  天理市  石上神宮

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ その1

先日、ウォーキング娘、第40回紅葉はここかいな、桃尾の滝から大国見へ、が盛大に催されました。

曇り空の下に集合した人数は、興福寺の阿修羅展にも匹敵するぐらいの数ではありませんでしたが。
好き者、総勢15人、ホナ、歩きましょかで一路、桃尾の滝目指して。

本日のコース
天理駅-石上神宮T-滝本上-桃尾の滝T(昼食)-龍福寺跡-大国見山498m-岩屋-バス停 櫟本-JR櫟本駅

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ  
奈良県  天理市  滝本町

南北朝の地蔵さんが現れるチョイ前に磨崖仏が、江戸時代頃なんでしょうか。

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ
奈良県  天理市  桃尾の滝

ココでお昼です、

わたくし的には、ひさしゅうの桃尾の滝です。

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

TBさんに教えてもらった、ちっちゃな、ちっちゃな磨崖仏、
全然知りませんでした、みなさんは知ってましたか?

不動三尊磨崖仏からズルズルと移動して、桃尾の滝の方へ行くと判ると思います。

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

右下のお不動さんも好きですけど。

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

不動三尊磨崖仏 鎌倉時代

桃尾の滝の看板娘ですね、

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

如意輪観音石      南北朝時代

奉起立行経と刻銘あるそうな、伊ブラザーズの井野行経はんや、おまへんかとか。

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

不動三尊石仏   貞和四年  (1348)

このお不動さんも行経はんや、おまへんかとか疑惑をかけられているそうです。

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

ココ桃尾の滝では、ちょうど程良い紅葉具合でした。

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

竜福寺道   不動磨崖仏    南北朝時代

桃尾の滝から龍福寺跡へ向かう道の傍らに。

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

竜福寺道   地蔵磨崖仏

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

滝本墓地     地蔵磨崖仏

紅葉はここかいな 桃尾の滝から大国見へ

阿弥陀磨崖仏

滝本墓地から滝本町への旧道に、是非御覧くださいませ。

ウォーキング娘の報告と言うよりも、石仏娘の報告になってますが、

まだまだ、続きます。


ウォーキング娘 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。