--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2016/03/31

2016 西高野街道 道標を辿り 堺から極楽橋まで その1

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

ただいま、この道標を目ざして歩いてます。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

町石道を歩いても京大坂道を歩いた人は少ないのではないでしょうか・・・

2016 0216 西高野街道 堺から千代田
2003 03撮影    高野山女人堂一里石

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「 高野山女人堂一里石」に。
いやいや、はるばるやって参りました一里石に・・・
ではなくって、現時点ではまだ橋本まででございます、四里石までですね。
上の写真は2003 03に 南鉄 紀伊神谷駅から 京大坂みちを下った時のもの。

Mさんが堺から高野山までの道標が13本みんな残ってます!
そう~なんです安政4年(1857)に茱萸木村(くみのきむら・狭山市)小左衛門、
五兵衛が発起人となって、一里ごとに13本建てられた道標が現存してるんです!
と言うわけで只今高野山女人堂一里石に極楽橋を目指して歩いてます。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田
高野山女人堂十三里石

堺駅(南海本線)から歩いて竹内街道分岐前に。
一本目の高野山女人堂十三里石が。

全コース    赤色が今回紹介
堺駅(南海本線)-堺東駅(南海高野線)-高野山女人堂十三里石・竹内街道分岐-仁徳天皇陵-JR三国ヶ丘駅-百舌鳥八幡宮--白鷺公園-関茶屋・十二里石-薬師如来道標-惟妙寺(ゆいみょうじ)-中茶屋-興源寺・五刧思惟阿弥陀如来-野ざらしの地蔵・享保17年(1732)-法界地蔵尊・天明5年(1785)-太神宮夜燈・伊勢灯籠-十一里石-道標・天野街道分岐-牛瀧地蔵-三津屋大師堂-酒かけ地蔵尊-十里石-中高野街道合流地点-千代田駅-原町-晴明塚-旧阿弥陀寺・十三仏-吉野町-九里石-割坂地蔵尊-河内長野駅-長野神社-木屋堂-長野神社-天野酒-別久坂(びっくざか)-烏帽子形山(えぼしがたやま)-烏帽子形八幡神社-地蔵の辻・道標「右 さかい 大坂道 左 いづみ」-高札場・増福寺-旧三日市派出所-油屋跡-三日市宿-八里石-石仏(いしぼとけ)-曼陀羅山阿弥陀寺-岩瀬(いわぜ)-薬師寺-五輪塔 暦応四年(1341)-御所の辻-七里石-天見駅-変電所跡-ダイアモンドトレール分岐-紀見峠-六里石-愛宕神社-柱本-慶賀野-大福寺-五里石-御幸辻-長尾山 阿弥陀寺・天授五年(1379年、南朝)-小原田-東家-大和(伊勢)街道追分-四里石・常夜灯-橋本駅-橋本橋(紀ノ川)-三軒茶屋常夜灯-第一の地蔵・西行庵(跡)-清水-清水不動寺-成就寺-第二の地蔵--三里石-かむろ大師-興山寺領御国領境界標石-学文路駅-西光寺-学文路-幡天神社-第三の地蔵-大師の硯水-第四の地蔵-河根-丹生神社-本陣跡・中屋旅館-二里石-千石橋-梅畑-桜茶屋-日本最後の仇討ちの跡-一里石-神谷-極楽橋駅

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

安政4年(1857)頃には、この地には茶店があったのでしょうか。
安政4年と言えば佐吉の狛犬 奈良県 生駒郡 斑鳩町  輿留東 素盞鳴社が。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

百舌鳥八幡宮
文政十三年(1830)

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

百舌鳥八幡宮
年号がはいって無いようです。
シンプルにしてこの顔、忘れがたい。
1700年代終わり頃(推定)だそうです。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

小寺さんが「住吉型狛犬」と呼んでるタイプのようです。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

この流麗なる地蔵

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

京から舟で川を下り、堺からは担がれて高野へと。

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

のんびり歩けば関茶屋の高野山女人堂十二里石

2016 0216 西高野街道 堺から千代田

道標地蔵がお堂の中に入れらてしまって。
御拝見できないパターンが多くって残念。
よだれかけグルグル巻きにて。
「真知子巻き」ではあるまいし~
「すず巻き」なら我慢するけどね~


古道 | Comments(2)
Comment
西高野街道、私も連れてって!
堺からの高野道、河内長野までは「西高野街道」とも呼ばれているのでは?
堺から狭山までは未踏ですが、後は高野山まで一応歩いたはずです。
一里道標も、いくつかは記録したはず。
改めて、もう一度歩いてみたいですね。
よい子にしてれば・・・
>堺からの高野道、河内長野までは「西高野街道」とも呼ばれているのでは?

お約束道理の突っ込みありがとうございます。
西高野街道を河内長野までには、
下高野街道(下&中表現は御法度)に中高野街道が合流して。
東高野街道に接続す!
河内長野からは高野街道と呼ばれてるようです。

詳しくは、高野街道を歩く 著者:武藤善一郎さん
図書館で借りて読んでください(絶版かな)
yon様ライブラリーには置いてあると思いますが。

>改めて、もう一度歩いてみたいですね。

「歩く・石仏の辻」のコースに入れる予定です。
しっかりと極楽橋まで歩きますので、
雲隠れyon様かならず参加してね~

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。