2016/11/15

歩く石仏の辻046 2016 1030 西高野街道

046 2016 1030 西高野街道
高野山女人堂九里石

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「西高野街道 堺東から河内長野へ」に。
第46回の歩く石仏の辻にて、堺東駅から河内長野駅まで歩きました。

堺から高野山・極楽橋までの高野山女人堂一里石13本を辿っての歩きスタートです。
安政4年(1857)に茱萸木村(くみのきむら・狭山市)小左衛門、五兵衛が発起人となって、
一里ごとに13本建てられた道標が現存してるんです!

むかしの公家さんが京都から船で天満橋まで、
そして大坂、堺からこの高野街道を辿り高野山へと。

幕末の頃の旅人は大坂から、
だいたい二日から三日での高野山へのスケジュールだったようです。
天満橋から高野山・奥の院まで100㎞前後でしょうか?
二日で行けたのかな・・・
私達は四回に分けて歩きます~が~
さっそく、一回目の歩きで「長い~」とフクロウたたきにあいました!?
江戸時代の半分ぐらいの距離しか歩いてないと思うんですけどね。

第46回   10月30日  西高野街道 堺東から河内長野へ         
集合:南海高野線・堺東駅 西改札口 午前9:30

行程:堺東駅-高野山女人堂十三里石・竹内街道分岐-仁徳天皇陵-白鷺公園-関茶屋・十二里石
-薬師如来道標-中茶屋-興源寺・五刧思惟阿弥陀如来-十一里石-道標・天野街道分岐-十里石
-中高野街道合流地点-原町-晴明塚-旧阿弥陀寺・十三仏-九里石-割坂地蔵尊-河内長野駅
距離:16+α㎞ 高低差:0―100m 難度:ハイキング
御参考に 
2016 西高野街道 道標を辿り 堺から極楽橋まで その1
              
2016 西高野街道 道標を辿り 堺から極楽橋まで その2


高野街道の二回目は、距離は前回とちがって、ぐっとリーズナブルな13㎞となってます。
紀見峠あたりのダイアモンドトレール分岐も通過しますので、
歩き足らない人は北へ金剛山、南は岩湧山へとトレランでもしてくださいまし。
注:陽はとても短くなってます

第48回   12月23日 祝日金曜日
高野街道1 河内長野から紀見峠へ      

集合:南海高野線線・河内長野駅 改札口 午前9:35
(降水確率は大阪府をご覧ください)

行程:河内長野駅-長野神社-天野酒-高札場・増福寺-三日市宿-八里石-石仏(いしぼとけ)-曼陀羅山阿弥陀寺-岩瀬(いわぜ)-七里石-天見駅-ダイアモンドトレール分岐-紀見峠-六里石
-紀見峠駅
距離:13㎞ 高低差:100―400―300m
難度:山歩きハイキング・ストック

046 2016 1030 西高野街道

榎宝篋印塔
昔このあたりはお寺だったそうです

046 2016 1030 西高野街道
百舌鳥のくす
樹齢が800年、千年とも。
しかしながら、私たちの年齢を足したら。
軽く千年突破、ピラミッド時代かいな(未確認)

046 2016 1030 西高野街道
興源寺

046 2016 1030 西高野街道

高野山女人堂十一里石
先は長いぞ~

046 2016 1030 西高野街道
高野山女人堂十里石
やれ、やれ気分です。

046 2016 1030 西高野街道

原町の旧阿弥陀寺石造物群
十三仏板碑 
二基とも寛永十一年(1634)

デカイ!
228㎝とはアンドレ・ザ・ジャイアントとどっこいどっこいでありませんか、たぶん。


今月の歩く石仏の辻は紅葉三昧コースでございます。
船で保津川下りしても、
歩いて保津川下りをした人は少ないのではありませんでしょうか。
まるまる船賃4100円が浮いてしまいます。
タケチャンマンにお布施するも良し。
ホストクラブに通うのも良し(足らんけど)
嵐山公園・渡月橋へと歩きます。
冥土の土産にどないどす~


第47回   11月27日 第4日曜日
亀岡から保津峡沿い 紅葉の嵯峨嵐山へ
一生の想い出にどないどす~         

集合:JR嵯峨野線・亀岡駅 改札口 午前9:35
(降水確率は京都府南部をご覧ください)

行程:JR亀岡駅-高橋-請田神社-JR保津峡駅-トロッコ保津峡駅-落合橋-書物岩-六丁峠-小倉山-嵐山公園・
渡月橋-JR嵯峨嵐山駅
距離:14㎞  高低差:100―290―40m  
難度:山歩きハイキング・ストック 山靴
御参考に 
2015 12 亀岡から保津峡沿い 嵯峨嵐山まで その1
             
2015 12 亀岡から保津峡沿い 嵯峨嵐山まで その2



お待ちしてます。

歩く・石仏の辻 | Comments(2)
Comment
明治初期の高野山参詣
タケチャンマンさん、こんばんは。
>幕末の頃の旅人は大坂から、
>だいたい二日から三日での高野山へのスケジュールだったようです。(タケチャンマンさん)
私の祖母は、明治初期の生まれですが、「若いころ歩いて高野山にお参りした」と話していたと母から聞き、当時子供だった私はびっくりしましたが、それより他に方法がなかった(鉄道が当時の登山口の高野口駅に届いたのが明治34年)時代、驚くには当たらなかったということでしょう。
歩け歩け歩け協会不要論
そうですね、
鉄道ができてもみんなが利用できたわけでも無く、予算の都合が・・・

ともかく生活が歩かないことには、
今は車が無いことには変わったみたいですが。

管理者のみに表示