2010/02/10

鹿背山不動と三條会館の弥勒菩薩像

鹿背山不動と三條会館の弥勒菩薩像


はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「 鹿背山不動」に。

久々の石仏オンリー紹介でございます。

先日ウォーキング娘で訪れた鹿背山不動の不動石仏は現在、
ほとんどお堂の奥深く埋蔵された状態となってます。

小沢二郎さんの生け贄となった石州衆院議員のごとく、
誰かの身代わりで入ってるのかは定かでございませんが。

そんなある日、あるルートから兄ちゃん、いい写真あるけど買わへんかと言われて、
タダで?手に入れた写真を恥ずかしながら、皆さんに公開いたします。


鹿背山不動と三條会館の弥勒菩薩像




鹿背山不動と三條会館の弥勒菩薩像


不動石仏    磨崖仏   像高45

建武元年11月21日(1334)  大工末次の銘があり。

末次と来ると、巨人最強の5番バッターと言われた、あの末次か?
はたまた、あの石工最強ブランドの伊ブラザーズか?




鹿背山不動と三條会館の弥勒菩薩像




鹿背山不動と三條会館の弥勒菩薩像

奈良市  三條会館    お堂の中に、石造浮彫弥勒菩薩像が。

元亨二年五月日 (1322) 石工末次 の銘があり。

R使いが特徴でしょうか。

はたして伊ブラザーズなのか、謎が謎を呼び、
奈良地検特捜部もまだ事実を把握してない様でございます。






京都 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示