2010/08/30

国道福住から 下見行って来ました

国道福住から 下見行って来ました


はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、
「国道福住から」にでございます。

燃え~萌え~の真夏の先日、歩いてきました。
休憩時間が2/5、石仏訪問時間が1/5、歩き時間が2/5とこんな割合でしょうか。
塔の森以外はアスファルト歩きで、血液沸騰しかねない程です、たぶん。、

福住から横田へ南北への歩きは、ひさしゅうの10年ぶりの三回目。
各ブロックは何かと縁があって、
あれこれ石仏会にウォーキング娘に国見山にと歩いてましたが。
南北縦断は10年ぶりですか、
円高になるはずです~関係ないけど~

本日のコース
上入田墓地-不動寺-阿弥陀笠石仏-八幡寺跡-氷室神社T-阿弥陀-寺永照寺 下之坊
-七曲峠石龕地蔵(受け取り地蔵)-双仏石 泥かけ地蔵-ゴルフ場T-塔の森十三重石塔
-日吉神社-切りつけ地蔵(阿弥陀磨崖仏)-南田原の地蔵石仏T-阿弥陀寺跡
-鉢ヶ坪墓地-白山神社

慎重なる審議の末に、オペックホースは失格で~す~
元、もとい、元でございます~
寺永照寺 下之坊と七曲峠石龕地蔵(受け取り地蔵)の間違いでございました、ペコリ。

改めて、
12月の「福住から白砂川を下り、田原へと歩きます」に予定してた、
寺永照寺 下之坊と七曲峠石龕地蔵(受け取り地蔵)
は、
米谷町、中畑町との別途コースで開催予定でございます、御期待下さい。


御参考に、
018    紅葉中の米谷町に「米谷庵山の双仏石」を見た!                                         

2004  10/03  SZ会十月例会 

004     涙に暮れる大和高原に 「受け取り地蔵」を見た!



下見 2010 1204 福住から

福住町 下入田
阿弥陀笠石仏  鎌倉後期応長元年(1311)

初めて訪ねた時の、正にディス  イズ 石仏のただずまいの阿弥陀笠石仏。




下見 2010 1204 福住から


今は陸に上がったカッパ状態になってます。

割とモダンに見えたり、
福住のスカイ ツリーと呼んでね・・・無理あるけど~




下見 2010 1204 福住から

寺永照寺 下之坊

このたたずまいが貯まりませんね、癖になります。

婆羅門杉(推定800年)の間を歩けば、あなたはもう、
民住党代表選挙真っ直中へと~入られよう~



下見 2010 1204 福住から
標高585㍍にある七廻峠  福住町 別所
七曲峠石龕地蔵(受け取り地蔵)鎌倉時代 建長5年(1253)像高190

何人の人が、この地蔵に手を合わせて、米谷へと下って行ったことでしょう。

婆羅門杉が赤ちゃんの時には、ここに立っていたわけなんですね。



下見 2010 1204 福住から

奈良市  長谷町  標高660m
塔の森十三重石塔  (六角層塔)現行240
二重基壇の上に建つ六角十三重石塔

奈良時代から平安時代とか。



下見 2010 1204 福住から
田原 南田原町
10切りつけ地蔵(阿弥陀磨崖仏)像高167
来迎相の阿弥陀像    伊派の行恒の銘

涼しげに伊ブラザーズ作、私はフラフラ状態。



下見 2010 1204 福住から

阿弥陀寺跡  田原 茗荷町
一石六地蔵 天正
一石六地蔵 室町時代

この写真7年前、今では後ろの風景が望めませんでした、残念、無念、珍念でございます。

大和高原もどこを歩いても、正に石仏の金太郎飴状態、
是非、皆様方もお逢いしてくださいませ。
小沢二郎さんも逢ってもいいよと、言ったとか言わなかったとか、たぶん。




歩く・石仏の辻 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示