2010/09/21

2037 下狭川 の石仏紹介

本日はホームページ・石仏の辻からアンコール・アワーを。
2008年 5月分

はあ~るば~る来たぜ~「函館」ではなっくって、「下狭川 」に。

皆様方御元気だったでしょうか、一週間の御無沙汰でした、
本日は下狭川 の石仏紹介でございます。



2037 下狭川 の石仏紹介

奈良県 奈良市 下狭川町                    

右手は、阿弥陀、地蔵、地蔵、の三兄弟磨崖仏、天文八年
左手中央やや上に、苔むした六地蔵磨崖仏、

この道を進めば2.5キロばかしで、笠置です、
時間とバス代の事を考えると、笠置から白砂川を見ながら歩くのも一考かと、たぶん。



2037 下狭川 の石仏紹介

下狭川公民館

左手脇に、



2037 下狭川 の石仏紹介

下狭川公民館               六字名号板碑    如意輪観音石仏



2037 下狭川 の石仏紹介

下狭川町

まさしく、東洋の神秘的なる風景でございませんか、たぶん。



2037 下狭川 の石仏紹介

下狭川町   下垣内墓地           六地蔵       江戸地代



2037 下狭川 の石仏紹介

下狭川町   下垣内墓地           阿弥陀石仏    永禄十三年(1570)  像高57


その他に、五輪塔 天文十二年、    五輪板碑など。



2037 下狭川 の石仏紹介

下狭川町   下垣内

来年のウォーキング娘で、狭川町から奈良まで歩く予定でございます、
待てる人は待って、待てない人は、今が歩き時かと、

歩け中高年、奈良の灯りは目の前だ、たぶん。


注釈:来年ではなく、再来年になりましたが。
           下垣内墓地の入り口リ・ニューアルされてました。




大和高原・柳生 | Comments(0)
Comment

管理者のみに表示